獅子頭伸のフランス潜行情報

在仏約40年の経験を生かしてパリを中心とした文化社会情報をお伝えしていきます。k

パリに暮らして40年以上が経ちました。情報誌パリ特派員、日本映画祭のプログラムディレクタ-などをしてきました。恐らくパリに骨を埋めるでしょう。日本映画紹介の仕事は続けています。年齢は還暦過ぎてから忘れています。そんな日本人男が触れる日常や特にカルチャ-シ-ン、またパリから見た日本の事などを書いていきたいと思っています。ヨロシク。

パリの夏、海辺とロックと街娼婦。


ブログを書く余裕が見つからないまま約一カ月半が過ぎてしまった。
6月下旬はマルセイユから鈍行で40分位の海辺の田舎町に一週間バカンスで行っていた。
年金者を対象にした格安団体だったので乗っかった。年寄りばかりで一人の美人もいなかったのには気が滅入ったが,食事付き宿泊で自己負担は僅か300ユ-ロ、加えてtgv往復代が400ユ-ロだった。とてもこの予算では遠出の夏季休暇は不可能である。
海辺には本当に目を見張る地中海美女が沢山いた。レストランで世話を焼いてくれたウエイトレスは多分地元出の若い子だったが優しく可愛い子だった。





真夜中を過ぎて月光の下で地元の若者が大勢海水浴をする夜景は夢の出来事のようだったが、それにしても娘たちの可愛い事。顔や瞳だけでなく脚はスラリとして、見事な肢体に目を奪われる。ああやってみたいと思った。海に直接飛び込めそうなホテルの食事は不味かったが、マルセイユ漁港通りのレストランで、イワシの塩焼きをよく冷えた白ワインで食べた。ポルトガル滞在で味わって以来の習慣だ。

パリに戻ってきてからは一カ月「サミア」という小説を書くために籠っていた。パリ市民の半分くらいはバカンスにいってしまっているだろうから、街角は静かなもの。大勢の人出があるのは観光スポットだけで、聞こえてくるのはアメリカ英語が中心だが、いやそれにしても中国人が圧倒的に増えた。しかし、4-5年前からfestival d'ete;夏の芸術祭というのが出来て、なかなか内容が充実してきていて観客動員数の人気も年々上昇している様子。マンマルトル丘の頂上にあるサクレク-ル寺院と麓に建てた高い鉄塔を結んだ超高度の綱渡りがロック音楽の伴奏で上演するイベントが無料なので見て来た。ホントにすごく高いので吃驚。若い脚がスラリとして綺麗な若い黒人女性が、なんと命綱も着けずに長いバランス棒だけで、少しづつ白亜の寺院の向かって綱渡りしていく。それを見上げ目で追っていくだけで感動した。平凡な演劇公演など太刀打ちできない迫力だ。すごい、万歳。軽く千人以上はいたと思われる観客からはブラボ-万雷の拍手が巻き起こっていた。

8月一杯まではセ-ㇴの海辺というのが開かれていたので、暇な時に行ってきた。
セ-ㇺ川岸を歩行者天国にしてデッキチェア-やカフェの出店、仮設プ-ル、砂場の場所もある。いいなと思ったのは無料で好きなだけ自由に時間を過ごせる事。食い物、酒も自前で仲間で楽しんでいる。仮想うの南仏海辺を舞台に日本の花見客みたいな連中がいると想像して貰えばいいかもしれない。

一個2,60ユ-ロのおにぎりを買って橋の下の臨時アイスクリ-ㇺ屋のテラスで読書,贅沢な時間だった。まだ十分に明るいが22時頃引き上げたら音楽がガンガン鳴っているので引かれていったらパリ市庁舎前広場に仮設した大ステ-ジで、なんというのか度忘れしてるが、コンピュ‐タでいろんなロックやジャズ音楽の断片で合成する音楽のコンサ-トだった。演奏者は若きフランス人、すごく盛り上がっていた。滅茶苦茶に可愛くスタイル抜群の女の子が何人か文字通り踊り狂っていたのも見かけた。
受けた刺激を静めようとシャンゼリゼ通りをぶらぶら歩きしてたら、日本でいうアラフォ-世代くらいかな。暗がりの街角で一人金髪美人の街娼が流していた。すれ違いざまに目が合ってお互い自然に近寄った。気に入ったのは美人系だけでなく、シェリ-、上がっていくというパタ-ンのセリフではなくて、仕事してるのよとすぐ行った事だった。
すぐ仕事してる、といった街娼は初めてだ。こういうのっていいよなと思った。
それでやりなって値段をきくと。自宅で一発200ユ-ロ。疲れてるからフェラだけにしようかな、といったら脇の地下駐車場で150ユ-ロだって。
疲れで射精しないと損なので、体調がいい時にという事で、電話番号を聞いて別れた。本当の番号かどうかは未だ試していないので未知のままだ。




「狂騒」のパリ

 パリだけではなく、フランス全土が「狂躁」状態、トランスに燃え上がっている。


ロシアでの世界フットボ-ル決勝戦にフランスが勝った瞬間、エッフェル塔に張られた巨大画面で観戦していた10万人の大観衆は大歓声を叫び、国旗三色旗が大波となり、シャンゼリゼ大通りには10万人以上の人々が繰り出した。
 
これと同じ光景が全国各地でみられ、tvが中継。ニュ-ス番組は全て特番を組んだ。


ジャ-ナリストも度を失った興奮ぶり。選手たちを英雄として仰ぎみる。
凱旋行進もすさまじい狂躁。煙があちこちに立ち上り、フランス革命が起こってるよう。
国歌マルセイユの大合唱が、群衆の間から自然発生する。三色旗がいたるところでなびく。試合の模様も何度も何度も繰り返し放送される。


インタビュ‐を受けて泣きじゃくる人も多い。俺たちは世界チャンピオンと叫ぶ沢山の若者たち。20年ぶりの勝利というのも大興奮させる要因らしい。


最後はコンコルド広場に集まった群衆を前にして世界でも一二を争う豪華ホテル、マティニヨンのバルコンに立ってファンの祝福に答える予定だったが、流れて不満が出た。


しかし、サッカ-の特別なファンでもない身には、どうしてフランス人
国民としてとして誇りを持つとか、しつこいtvジャ-ナリストの賛美と自慢、俺たちは世界チャンピオンだという冷静さのない叫びの大合唱になるのか分からない。


もしかすると政治的回収の計算があるような気がするが、恐らく現在欧州で台頭しているナショナリズムと、どこかで結びついているのかもしれない。


情動で群衆が動くと、その勢いの渦巻きに抵抗出来なくなるから怖いと思った。


このフランスの勝利した試合を見なかったり、この競争に参加しないと、変り者、非愛国者として疎外される感じがある。それとフランス人は気持ちがいい事はencore encore、もっともっとというが、確かにこの現象をみているとかなりしつこい国民性だと思う


サッカ-勝利の前日14日は日本では巴里祭と訳さる革命記念日で、軍隊行進があった。パリは祝祭続きである。


この後、夏のバカンスは本格化して、文字通り「民族の大移動」が始まる。


個人的に今年は6月下旬に一週間マルセイユに行ってきた。食事付きで合計6万円。
夜中に泳ぐ人がいるのには驚いた。地中海美人もすごく綺麗だった。

グラマ‐でいい女だった金髪の看護婦と青い瞳のウェイトレス。

 歯医者の帰り、大きな蚤の市の遭遇したのでぶらぶら。
 なんでも100円ショップ並みの超安さ。


 700円で買った運動靴がダメになったので、ナイキ印の靴を1000円で買った。
 どうせ偽物。売っていたのはカッコよく老いた黒人で。迫力あったな。


 麻薬で痩せやような中国人中年男が、ぺらぺらの麻っぽいパンタロンを地べたに並べて売っていて、これから夏に向けていいかな、と値段を聞いたら500円というから、やめようとすると、「いくらないいんだ」と呼びと止められたので、ポケットには200円硬貨があった体に、200円というと、それでいいからもっていけと、乱暴にパンタロンを突き出した。


 別の中国人が金正恩の似顔絵らしきものが売っていた。可笑しい。
 彼らは生きる事にたくましい。


 帰宅途中、駅前広場のカフェでエクスプレス一杯4ユ-ロで粘って、買った本を読む事にした。


 快晴で夏の日差し。テラスは太陽の恩恵を求める客で超満員。その間を見事にすりぬけながら、よく働くウェイトレスが目についた。結構美人だった。
 タイミングを見て近づき、話しかけた。


 店主の許可を得て写真承諾してくれた。瞳の青さと大きさは印象的だったが、遠くで見ている方が可愛いと思った。





 ス-パ-で食品の買い物をして、食料費は週50ユ-ロ平均。必需品目は比較的安いが、嗜好品になると、グンと高くなる。出来合いのものは売っていないので、自分で料理する。その帰路、通いで世話に来てくれていた看護婦とばったり。懐かしさに思わずお互い抱き合う。
 最初に彼女を見た時はグラマ‐で綺麗な顔をしていたので、万が一という邪心が脳を掠めたのを思い出す。
 でもはっきりものガンガンという女で、よく喧嘩した。
 遂に一度はクビにする手段に出た。、
 ところが、ひと悶着があって、それで心が通うようになった。


 バカンスンはミャンマ-を旅行、すごくよかった。町を歩いていると一緒に写真を撮りたがる人達が大勢いたという。
 私は昔からアジアが好きだったともいう。。


 そんならそうと最初から言ってくれればよかったのにな。


 フランス美女を見かけだけで判断すると間違う事がある。


 絶対に日本人なんて相手にいないと思わせる典型的な美貌の女が、意外にアジア男大好きというケ-スがある。
 この彼女は大美人という訳ではないが、男を引き付ける美形の顔と体をしている。


 ラフな服装で来た時に覗き見た彼女の乳房は理想的で忘れられないカタチをしていた。



夕食後はシネマテ-クに行ってブルニュエルの傑作「欲望の暗きオブジェ」を見た。最高だった。主演女優のキャロリ-ㇴ ブッケの若き日の余りの美しさに圧倒された。
神秘的。あまりにも美しい。それに知的だ。知性は美人の条件、そう思った。