獅子頭伸のフランス潜行情報

在仏約40年の経験を生かしてパリを中心とした文化社会情報をお伝えしていきます。k

パリに暮らして40年以上が経ちました。情報誌パリ特派員、日本映画祭のプログラムディレクタ-などをしてきました。恐らくパリに骨を埋めるでしょう。日本映画紹介の仕事は続けています。年齢は還暦過ぎてから忘れています。そんな日本人男が触れる日常や特にカルチャ-シ-ン、またパリから見た日本の事などを書いていきたいと思っています。ヨロシク。

パリ3月の涙

 フランスには春がない、といったのは今最高と言われる作家ウールベックだが。それでも春らしさは感じる。だが間もなく一気に夏に雪崩込んでいく。


 時計も夏時間に変えた。


 夕方もかなり明るくなった。一時間進めれば冬季より就寝が早くなる。本格的に夏になれば22時になっても昼みたいだから、寝る気にならない。


 気候変化と関係はないだろうが、最近よく泣く。少しでも琴線に触れる事があるとすぐ泣いてしまう。涙が溢れる。


 ストレス解消でav動画を見ていた。
 頻度が増えると中毒化するらしい。要注意、しばらくは見ない事にした。 


 オナニ‐は多少の罪悪感を伴う秘かな快楽だ」というフランス知識人もいるが。
 老女に魅力を感じない爺さんにとって「性欲の舵取り」は実に難しい。


 目下、美人女子大学生の知り合いが二人いる。それぞれ特色のある美人だ。


 一人は細身、カフェのテラスに座って、切れ目のあるスカ-トから細いのに肉付きのいい脚部を見た時は息が止まりそうになった。目は細く切れ長で、そこからブル-の瞳がのぞく。それで見られると内心卒倒する。


 もう一人はチュニジア出身の子。背が高く見事なプロモ-ションをしている。
 目は大きく瞳は茶系。アラブ系美人にはフランス美人が対抗できないすごい魅力があるが、彼女はその好例である。


 「昔だったらな」と思うが、さすがに40歳近くも年齢差がある彼女たちを恋人したい気持ちはグロテスク。
 美しい生け花の傍らにいられるだけでいいのだ。。それで満足する。


 av見ていてav女優には美人が時々いるなと思った。


 でも内容は必ず全て同じ、変わるのは女だけだから必ず飽きる。
 見た後には必ず不潔感嫌悪感が残るし。


 で、tvに切り替えたら、映画「バベットの晩餐会」をやっていた。カンヌ映画祭でみていて、「すごい、すごい」と触れ回っていたが、再鑑賞して、全く分かっていなかったことに軽いショックを覚えた。シナリオも映像も古びてない。世界映画史上の傑作。


 先日主演女優が他界したので急遽放映されたらしい。


 晩餐会を準備する様子にもう泣けて泣けて。美味な食事をして固くなな心が開放されていく様子にも胸が詰まる。


 これを見て泣き。セックス、劣情しか映像化しないavは確かに愚劣の極致だと反省した。自分に腹がたった。人間精神不在。空虚な臓器の擦り合わせしだけ。人間の動物本能は刺激されるが。それだけになったら人間存在は瓦解するだろう。


 しかし、パリにて日本のポルノが自宅で見れるのだから、僅か20年前には考えられなかった時代に生きている。もう1970年代は完全に消滅しつつある。



 女性を見つけ難い老人セックス問題は深刻である。娼婦を抱いた方がましなのかな。
カネを貯めて美人の街娼が多いシャンゼリゼ界隈で近く試してみようかな。


 田舎少女のナイ-ブな青春と夢の蹉跌を見事の描いた米映画greta Grewing監督「Lady Bird」を隣の市立映画で見て感動し泣けて泣けて。思春期ってのは素晴らしい。生命の輝きがある。主演の細身少女役saroise romanの演技がうまい。抜群だ。


 恋仲になりセックスした後、その同級生男子に寝た女子の数は10人以上といわれて失望する。
 NYに出てきて飲み屋にいた青年に何処から来たのと聞かれて、無名の田舎都市なので、すぐサンフランシスコと誤魔化す。日本と変わりない。


 この18歳少女がいろんなことを経験していくナイ-ブな美しさに泣けて泣けて。場面ごとに涙がこみあげてきた。


 この映画に泣かされて帰宅しtvをつけたら初老役のデ二-ロがベットにベット上でtv放送のラブロマンスを見ながら泣いていた。どうやら若く美しい秘書に恋心を抱いているのが原因らしい。かなわない望み、人間の宿命。


 その涙、痛いほど分かるよ、デ二-ロさん。
 俺も泣いちゃった。


 処女作タクシ-ドライバ‐の若い君は涙など見せず不遇に突っ張って生きていて恰好よかったもんな。

極寒のパリ、真冬に会った不幸せな官能の中年美女、カティア。.

 凄まじい寒さが続いている。パリで零下8度の時がある。遂に風邪でダウンしたが、未だ一週間程度は続くらしい。経過を待つしかないが、ホ-ㇺレス8人が凍死している。


 北部では零下20度の地方もある。太陽の南島コルシカの海岸が雪で覆われている、という信じがたい光景をtvが流していた。今日も雪が降っている。


 カティアという女性と会ったのは一年前の真冬、同じような零下の寒さで:牡丹雪が静かに降っている晩だった。


 パリで日本人向けに発行しているミニコミ誌で、全く偶然に彼女の出した広告を見かけたのが切っ掛けだ。「日本人男性との交際を求めています」。興味を抱いた。女を抱きたいと思っていたし。


 シャトレ広場はセ-ㇴ川沿いにあり豪華な大劇場が向かい合う。
その一角にあり観光客が少なくリッチな感じもあるカフェで待ち合わせた。
 過去、ネットで会った女性の大部分は写真と実物の落差がひどかった。懲りたので止めたが。
 一例を挙げれば、映画館で待ちあわせたが、若い頃の美人の写真と現在の実物の違いが甚だしく40分余り気がつかったという事ももあった。これじゃ詐欺だ。


 しかし、今回はミニコミ誌なので、もしかすると、まともなタイプの女性かも、と期待した。


 でも、すごいブスかもしれない。その場合はどうやって脱出するか、降る雪を眺め考えながら待っていた。店内の客はまばらで寂しかった。


 カティアは正面に座りスコッチを注文した。セクシ‐な美人だったので驚き内心動揺した。年齢は50歳前半か。日本人が憧れる典型的なパリジャンヌの雰囲気がある。ダイレクトな率直さにも好感を抱く。格好いい。すぐに引かれた。やりたい。


 2度目は日本映画を見に行った。カネがなかったので彼女が払った。
 初めてのデ-トで男にカネを払わされたのは初めてだったと後々も文句を言われた。


 この夜、彼女のアパ-トに行った。ポンピド-センタ-の近くでサロンが80m平方ほどある。びっくりした。億マンション ?  離婚で旦那からもらい受けたものだという。すごい。
 キスをすると受け入れた。ベッドへ誘うと「コンド-ㇺは持ってきた」と言われた。
 否と答えると、「じゃ‐次の時に持ってきたら」といわれた。


 カティアは南仏で結婚しイタリア料理店を夫婦で経営していたが、夫が嫉妬に狂って家に火を点け全焼させてしまった。写真をみたが若い時の彼女はすごく美しい。男が嫉妬に狂うのは当然だ。パリに上京してからはパリのバ-からバ-を明け方まで梯子、カネに糸目をつけず仲間と遊び騒いでいた。もすごく楽しい時期だったらしい。


 話が断片的なので時系列ははっきりしないが、日本男性とも結婚していた。
 どうも女たらしで詐欺師の様な男だったらしい。本人はケンブリッジ卒だといっていたという。一時はパリ好きの日本人の億万長者の老女にくっついて派手にカネを使っていた。彼女の姓はキムラのままになっている。


 しかし、その男はパーキンソン病になりフランスでは保険がなから帰国するしか手がなく、現在は生活保護者用か精神病者用の病院としか思えない倉敷の収容に入っている。
 日本にも身寄りはなく、もうじき死ぬしかない。救いたいけどどうしようもない。悲惨な話である。この人もツケを払わされているのだろう。運命だ。75歳くらいらしい。


 カティアはオデオン座近くに「穴倉」なるカラオケバ-の経営者だった時期もあったという。
 スポンサ-はジャルパックの現地社長。すごい金持ちでなんでも買ってくれたという。 代償は月に何回か求められる性交と高級レストランのディナーへの同伴。


 しかし、少し考えて見れば分かる事だが、現地社長でそんな金使いが出来るわけはない。会社の交際費とかを横領していたのだろう。よくあるケ-スだ。


 彼女はとてもいい人だったというが、同時に軽蔑的な事も口にした。
 「セックスは月に数回。それもあっという間に終わるからすごく楽だった」。
 かつてパリの娼婦から同じセリフを聞いたことがある。
 「日本人の客が一番いい。清潔だし、あっという間に終わってくれから。」
 この男も今頃は横領が発覚して路頭に迷っているかもしれない。
 世の中、必ずツケは払うよになっているのだから。


 カティアは南アフリカ生れで、父親は薬局を経営して裕福だったけど、幼い時、黒人の使用人に家の裏手で毎日のように犯されていた。だからセックスは早く終わってくるのが一番いいと。この時、そんな話もした。
 俄かに信じられない事なので、返す言葉を失い動揺して確認できなかったが、確かにそういった。
「性交は早く終わる方がいいし、これまでオルガスムスは一度もない」。この発言は鮮明に覚えている。


 彼女は金づるになるジャルパックの男の様な日本人を探していたのだからカネのない日本人と出会ったのは失望していたが、孤独だったのだろう。
 それからもつき合うようになり、何度も彼女の豪華アパ-トにいった。


 しかし、毎回コンド-ㇺを忘れた。昨年の大晦日はtv歌謡番組を見ながら4時まで二人で過ごしたがセックスはしなかった。


 今、カティは失業保険約6万円だけで生活している。
 しかし、家賃はなくてもアパ-トの管理費は支払う義務がある。幾らだと聞くと三カ月で500ユ-ロだという。カネがないから借金として積み重なっているらしい。
 必死で仕事を探しているというが、年齢的にも簡単には見つからないだろう。


 ところがこっちも管理費未納で最近告訴された。病気していた時期に滞納していたツケが回って来たのだ。
 請求額は4100ユ-ロ、罰金2000ユロ-、弁護士費2000ユ-ロ、合計8000ユ-ロ以上である。
 しかし、納得できない面があるので裁判で争う覚悟を決めた。


 それにしてもフランスの生活困窮者に対するシステムはすごい。折れた前歯も大学の歯科医学部の学生の実習の一貫として、無料治療してもらっているが、裁判も弁護士の卵である法学部の学生が教師の指導の下に実習として裁判の相談に応じてくれるシステムがある。さすがに人権の国というべきか。
 しかし自ら戦う事の出来ない人は生きていけない。


 カティアとは暫く連絡し合っていないが、今頃どうしているのだろうか。
 真冬の凄まじい寒さと雪が彼女を思い出させた。

清潔なる環境大臣の性欲暴走とオナニズム。

 悪事のツケは払わされる。食い逃げは出来ない。天はそう采配してると思う。過去様々な人間の運命を見て来た経験知でもある。
 目下フランスでは現環境相の過去のレイプ事件が創刊されたばかりの新週刊誌hebdoによって暴露されスキャンダルになっている。
 この告訴が出されたのは、なんでも約10年まえの事で、証拠不十分で不起訴となっている。この環境相は二コラ ユロという名前。環境問題運動の代名詞のごとき大物だ。
 ぼちゃん刈りでネクタイ背広姿も稀、いかにも清廉潔白、正直者というイメ-ジがあり、国民の間でも1,2を争う人気がある。
 それだけに「まさか、あの人が-」という衝撃を与えた。


 これに対して、不起訴で終わったレイプ事件なのに、今更暴かれたのは政治闘争が背景、告訴した女性も20歳になったばかりというだけで匿名なのは全く信用できない暴露記事。こんなことがまかり通るのは許せない。
 とマクロン政権側の連中は一斉に激怒の大批判。しかし、その3日後頃に被害者として告訴した女性はミッテラン大統領の孫娘だという記事が他紙に掲載され、更なる意外性に市民は再度ショック。


 信じられない話だが彼女は当時40歳超だった同氏のスタッフの一人として働いていて肉体関係を強要されたらしい。


 既に過去の事件であり、ミッテラン家族側も好奇の話題になる事を避けたい意向で性犯罪になる可能性は零に近いが、クリ-ンで売って来たマクロン政権の打撃となっているのは間違いない。
 こういう人物でも下半身をコントロ-ル出来ないのか、という感慨が一般市民の受け止めり方だろう。
 清廉潔白の外面から汚物が流れ出てしまった。


 個人的に考えて見ても、老いてなお性欲があるので、難しい対応を強いられている。


 独身なので還暦前後はmeeticなる出会いサイトの登録して何人かの女性と肉体関係を持ったが、性欲を満たしていたが、どれも短期間しか続かなかった。


 3人位の女性と同時に肉体関係があると、喜びはなく「一体、俺は何をやっているのか
」と自己嫌悪が起こり気が萎える事も経験した。
 不倫の相手が同時複数になればなるほど苦しみと自己嫌悪は増す。保証できる。
  もうこうしたサイトに登録するのは止めている。


 周囲には若い美人女性も数人いるが、年齢の差と体力を考えると、とても誘う努力をする気にはならない。
 もし万が一やれても、若い子を満足させることは不可能だと肉体が知っている。


 となると老人にとって性欲解消の道は限られる。
 娼婦を買うかオナニ‐しかない。


 シャンゼリゼ界隈にいけば若い美人街娼をが見つかるが、値段が高い。一回だけで2-3万円はとられる。かといって壊れた土瓶のごとき格安娼婦では、その気にならない。
 大きなチャイナタウンがあるベルビルは現在メトロ周辺に大勢の中国人街娼がうろついているいて、驚く事に3千円程度で寝るが、殆どはブスで病気が恐ろしい。


 残りはオナニズムしかない。その手助けにポルノやav動画を見るが、どんどん飽きてつまらなくなる。
 av俳優たちは本当のセックスの楽しさ、喜びを喪失してしまっている。喜びの実感が伝わってこないから興奮もない。
 若く美人女性も。彼らに性交の感激はない。仕事になってしまっている。
 あそこだけ見せればいいと思い込んでいる。


 美しいい女と肉体関係を求める欲望は本能だから否定は出来ない。制御が可能だけだ。


 また女性は権力に弱く引かれてしまう。これも生物学上の真実だと思う。


 今の解決策はオナニズムを自然快楽の一つとして認知受入れ、害のないインタ-バルで性欲が消滅する時までは楽しむしかない。そう思っているのだが。


 環境相のユロ氏も我慢して自宅で秘かに彼女を想像しながら自慰すれば問題を起こすことはなかったのにな。


 慰安婦の懸案も含めて性欲を扱う問題は難しい。


 明治維新後には国家公認の淫売制度で400件ほどの官許の貸座敷があり、3-5千人の20前後の娘が飼われていた。
 そして平均一人の娼妓が年間430-40人の男をとらされていた、という。
 凄まじい。