shishigashira2017のブログ

パリに暮らして40年以上が経ちました。情報誌パリ特派員、日本映画祭のプログラムディレクタ-などをしてきました。恐らくパリに骨を埋めるでしょう。日本映画紹介の仕事は続けています。年齢は還暦過ぎてから忘れています。そんな日本人男が触れる日常や特にカルチャ-シ-ン、またパリから見た日本の事などを書いていきたいと思っています。ヨロシク。

カネの苦労と島田陽子AV動画

カネのかかる事ばかりが続く。
カネの問題は命の糧と直結しているから実にストレスが溜まる。


先日は素晴らしい秋の快晴で、気分がよかったので昼食は公園で陽を浴びながらハムとチ-ズの典型的なフランスのサンドイッチを食べる事にした。幸せな気分だった。


サンドイッチのフランスパンはよく歯が折れそうに固いな、と思っていたが、なんと強引に噛んだら本当に前歯二本が折れてしまったのである。
前の歯並びにぽっかりと穴が出来、なんともみっともない。幸せから一気にみじめさへと降下した。


フランスの女性ニュ-スキャスタ-はみんな見事な真っ白で整然とした歯並びをしていると感心していたが、前歯がなくなればどんな美女でも画面から消えるしかないな と思った。


前大統領のオランドは当時の愛人に貧乏人の事を「歯なし」といっていたとかで批判された。それは奥歯でなく目立つ前歯欠落を指す。貧乏人はその空隙を埋める事が出来ないからである。
だから前歯欠落は貧困層のシンボルである。


自殺同然の絶食で死んだモスラム教徒の知人は前歯が欠けたまま暮らしていた。
たかが歯と思うなかれ。地獄は他者の視線である。女に相手にされなくなるだけでなく「歯を治すカネもないのか」と思われたら終わりである。


フランスで歯医者は国民保険がきかないので、べらぼうに高額なのは聞いていた。パニクッタ。


早速、市福祉課の相談すると、「そうね、3千ユ-ロ位はかかるんじゃないかしら」という。
そんなカネない。どうしろというのか。


フランス人とって前歯が欠けているというのは深刻らしく苦しさをよく理解してくれて、親切に解決策について答えてくれた。
該当する保険取得をするのが一番いいが、その手続きには2カ月程度かかるという。
あるいは歯医者学校の実習モルモットとなる事。さらにはサペットリエというテロの犠牲者治療や大きな精神病棟がある大病院にいけば事情によっては無料に近い費用でやってくれるという情報もくれた。
ともかく何とかするしかない。


これで気が落ち込んでいると、下の階に住んでるtvスタジオで働いているという結構可愛いと思っていた金髪の娘がドアを叩き、「あなたにはアパ-ト管理費の借金があると思うけど、管理資金が底をついていて困った事態になっているから、その借金を払うようにして欲しいと催促され、暫し議論。


しかし彼女は一体だれを代表してきたのか。
自分の部屋は25平方しかないけれどきちんと管理費を払っているのに不公平だと主張する。「あなたの部屋は40平方で一番広いでしょ」と。
当時はカネがあったのでキャッシュで買ったといったら驚いて、余計に催促が強まった。


続いて持ちアパ-トなので不動産税の催促が来た。


パスポ-トの更新に90ユ-ロかかる。一万円超だ。
フランスはこんなにしない筈だ。


カネ苦労の連続だ。いやになる。


でもフリ-で来て日本人がまともに食えたのはバブル時代だけだったのではないのか。
そうも思った。昔にに戻っただけかもしれない。


幸いフランスには下流という呼び方はなく要するに貧乏人がいるだけで。
だから変に下流意識を抱かないで済むが、華やかなパリの豊かな階層の生活は優雅極まりないから、人生はカネじゃないとか、カネで幸せは買えないといわれても。やはり良寛さんのように一枚の服を洗い直して暮らす貧しく高潔な生活はで満たされない。


AV動画にあの島田陽子がデビュ-していたことを知り、検索して見た。
島田陽子の名前で刺激され興奮もするが、それにもまして痛々しい。やせ細った初老美人の体。これもカネの力。
物欲の為に心を失えば、待っているのは地獄。でもカネがなければないも出来ない。


フランスにAV動画はないがポルノはネット上にたくさんある。
YOUPORNOなど一日に400万以上のアクセスがあるらしい。


カネのない男には全く興味がないという若いパリジャンㇴも増えているという。

セックスとカネ。これがフランス現代のキ-ワ-ドらしい。


この話をフランス人精神科医にしたら、現代はイメ-ジの時代、イメ-ジだけを大切に生きている人間は困ったときには裏切るから付き合う必要なし。
真実を伝えようとする映画とか写真のイメ-ジは人を感動させる。真実は古びない。


カネを基盤にした男女関係は必ず破綻する。
人生は立っている場所によって教会が見えたり見えなかったりする。などと言われた。


同医師は疲れたので引退するともいい、出会いという言葉も口にした。
それを聞いて思わず涙した。完